声優・榎あづさ(片岡あづさ改め)ファンサイトからの情報発信ブログ

2014年05月05日

もしアニメ化するなら

小説版のおねがいマイメロディをアニメ化するんだったら、
今ならやっぱ「映画」ですよね……。


ちょうど参考になるのが、つい先日のプリティーリズムの劇場版みたいな、ちょいちょいイベント開催して、上映館を小規模にして上映するような、あの形式でやるのが良いですよね。


ネームバリューとして「マイメロ」はもちろん強いし、「おねがいマイメロディ」でも当時アニメを観ていた子供達は現在は立派な“アニメファン”として現役活動中だから、十分に「数字が出せる」、収益が望めるコンテンツですよね……。


おねがいマイメロディのアニメのDVDを出してた当時のインターチャネルは、今はドリーミュージックに入ってますよね確か……。

そしてもちろんサンリオ、株式会社ウィーヴ、スタジオコメット。

おねがいマイメロディふぉ〜えば〜の巻末のクレジットに名前が書かれていますが、ここら辺の会社のサイトにあるお問い合わせフォームとか、
小説の所にも「ご意見・ご感想」を送れる出版社への住所宛に「アニメ化を望む声」を実際に届けると、これが案外「会議室」まで飛んで行ったりもするもんなんですよね……。



でも、そこまでやるのはなかなか億劫だと思うなら、ツイッターとかFacebookなんかに書くのも、これが意外と今は「ビッグデータ」なんて方法でマーケティングがされているから、「その独り言は結構世の中に響いている」ものだったりするんですよ……。


確かに誰もが子供の頃に「このアニメの続編が観たい」と望んでいても、それが叶わずに時間は過ぎて来ているのも事実だけど、
昔と今とでは決定的な違いがあるってことを、このブログを見ているパソコンやスマートフォンに対して、なにか普段から感じることがあるんじゃないか。


その「違い」を、使ってみてはどうでしょう。


それにあんまり時間が経ってしまうと、本当にアニメ化した時に声優さんが変わってしまうのは説明しなくても誰もが理解していることですしね……。

((。´・ω・)。´_ _))ペコ


posted by ysk at 00:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | リリース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。